パス

 フツフツとよく分からない感情に襲われることがあって、今もその例に従って襲われてる真っ最中なのだけど、ひとつの願望がある。

 それは「ママ友がほしい」だ。よく分からない感情すぎるし本当に何がしたいのかわからないが「ママ友」が欲しいのだ。ゼロ年代に放送された阿部寛が主役のドラマ、アットホームダッドのような事がしたいというわけでもなくて、自分も出来ればママになりたいし育児がしたい。それで子供のベビーカーを押しながらママ友と何の他愛もない会話がしたい。何の他愛もない会話というのが重要で、最近の僕はそれを目指している節がある。例えば、本当に最近は緑黄色野菜が高くなり始めているとか、そんな本当にどうでもいいこと(どうでもよくはないのだが)のみを延々と話していたい。ママ友とママ友で別のママ友の悪口が言いたかったりとかそういう訳では無い。

 ので、現実とはかなり乖離してる部分があるかもしれないが、とにかく都会人が「となりのトトロ」のような暮らしや「のんのんびより」のような暮らしを憧れるような気持ちでママ友が欲しい。という話でした。以上。

 


remote 「Never Be」 イカ天

 

 

 

 最近人とイカ天(平成元年に放送された番組:いかすバンド天国)の話をして、何か人とイカ天の話をしたのなんて初めてだなあという思いから定期的にくる「イカ天関連動画漁り期」がやってきているのだけど、もしかしたら上記のようなメス感情になる原因の一つとして何故か今更remoteやらマルコシアスバンプやらを見て、

 ならなくてもいい当時の、ナゴムギャル等からは少し逸れた形でのバンドギャルのような気持ちになっている部分(要はバンドマンにキャーキャー言うみたいな)があるのかもしれない。

 今聞き直すとこのnever beという曲は面白くて、何か音楽的な専門的な事はよくわからないけど、この時代の森高千里やらアイドル的な不自然すぎる明るさが逆にクスリやってるんじゃないの?みたいな曲調とか、あと佇まいもボーカルの池田貴族氏が早くになくなってしまったという情報も記憶してるからか、それとは関係なくか何かどこかしら儚さを感じる。それでいてロックバンドとしてもギターの音が心地よくて、惹き付けられる部分がある。ナンバーガールの当時はギスギスしていたという話とかもそうだが、何時解散してもおかしくないみたいな儚さってバンドの魅力を高めるよね。

 

    4年ほど前に家庭教師で指導した生徒は今頃何をしているのか、その事ばかり最近考えている。何だかんだうまくやれていそうだ。一方僕はあの頃から何一つ進歩などなく何も出来ていない。


  「外に出てたまに小中の同級生と会うのが嫌で仕方ないから実家をわざわざ出て上京してきたのに今度は芸能人になってまで僕の前に現れる人がいて、どこへ逃げればいいか分からないんだが、今どうしたらいいかわかった。テレビを壊せばいいんだよ。」
 
  そういったセリフを言いたかったはずなのにあまりそんな気分にはなれなかった。というのはその芸能人が何だか自分の知っていたその人とは明らかに違っていて、見ていて悔しくもあり恥ずかしいのだ。好きだったバンドの歌詞に「性を売りにしてここまでやってきた」というものがあってそれをひしひしと感じてしまうし、何だかもう逃れられないものがあるのだな、とまた認識してしまう。どんなにあの時点で輝いていた人も今では別の場所があって、またそこで輝くことを目指していて、私もそう言った風に生きているつもりなのだけど、目の当たりにすると嫉妬に似た感情や様々が駆け巡る。
 
  そもそもが小中から変わることの無い人間などいるはずはなくて、私の言ってる事などは意味の無いことだとは思うし、現に私はより内向的になったと思うのだから。
  とにかくおめでとうだとか祝福よりも人生に対する後悔というか、私が内心馬鹿にしてきた彼らが正しかったのだという思いが駆け巡り、止まらない。TSUTAYAに通うよりもギター教室に通う方が正しかっただろうし勉強するよりもとにかくどこでも良いから現役で大学に入ってなんの後ろめたさもなくサークルにでも入れば良かった、彼らのように大学など行かないという選択でも良かった。
   彼らが頑張っている一方でつらつらと何かをまだ書いている私などは通勤途中の川にでも沈んでしまえば良いと本気で思う。
 

水色ポカリを飲むぐらいなら

PS4デトロイトをしていた流れでAmazonで見られる「ウエストワールド」というドラマを視聴していて、今シーズン1の8話まで来た。似ていると言われたデトロイトとは実際かなり異なり、より凝った台詞や展開、また過激なシーンが多く、居間ではどうも視聴がしづらいので5話あたりから部屋で一人で観ていた。そして7話で1つの印象的な展開があり、個人的には5,6話あたりから熱い!と思っていたのだが、7話でおい!激アツやんけ!という形になった。(最近金属バ○トについて話す人間は逆にセンスないという話があるが、逆にセンスないという発想も逆にセンスないという気がしないでもない。本人達の面白さは何一つ変わっていないどころか増してる気さえしている。準々決勝での既存のネタのアレンジ、敗者復活の平場も含めて、今年はまた彼らにとって1つレベルが上がった年とも言えるだろう。)

話を戻すと、このウエストワールドというドラマは言わばレッドデッドリデンプション的世界が現実にありその登場人物が知能を持ったアンドロイドだとしたら?的な話であり、まあ機械に生命はあるのか?みたいなありきたりなテーマでもあるが脚本の秀逸さ、そのスケールも手伝ってかなり面白い。という話だ。

また普通にピアノの自動演奏でRadioheadが流れていたりしていて音楽も良いため是非ともおススメしたい。という話。

近況

お笑い毎日見てます THE MANZAIの千鳥のネタ好きです

PayPayでPS4買ってスパイダーマンデトロイトダウンロードしてスパイダーマンには目もくれずデトロイトばかりやってます

音楽あまり聴けてないけどThe 1975の新作は良です